お知らせ

2013-06-23 00:00:00

税務署に開業申請をするにあたり、まず決めなくてはいけないのが屋号(お店の名称)でした。名付けが苦手なわたしはうーんと悩み、「オフィスYule」と名付けましたが、不思議なもので、あとから「冬至の祭り」を表す名前にしたことの意味がジワジワとわかってくるものですね。

 

ロゴは「アート&セラピーYule」になっていますが、それはWebサイトやパンフレットを作る過程で、Yuleが何をするところか分かりやすくしようとロゴ・デザインしたもの。正式名称は、アートやセラピーに限らず大きく発展していく可能性を含め「オフィスYule」です。

 

日本臨床心理士会の私設心理相談領域研修会報告(Jan,2013)に「オフィス名を商標登録しておく大切さ」という一文を見つけ、見よう見まねで自分で書類を作成し、特許庁のお役所仕事に驚きながら、「本当にこの書類で申請が通るのだろうか」と不安を抱えつつ商標登録申請をしたのが2月7日。それから4ヶ月半かかり、昨日特許庁から「登録査定」という分かりにくい名称の商標権の取得を知らせる書類が届きました〜。

 

特許庁からの書類に記された発送日は6月21日、夏至の日です。オフィスYuleにとって夏至・冬至という地球にとっての一時点がとても大切なものであり、そこに畏怖と喜びを見いだしてきた古代から現代までの人々の心、祈り、祭りの行為を大切にしなさいと重ねて告げられている気持ちになりました。

 

この後、登録料を支払って10年間の商標登録手続きが完了します(その後も延長可能)。ちなみに明治製菓が「Yule」というお菓子を商標登録していました。店頭では見かけませんが、どんなお菓子なのかな、、、。