お知らせ

2013-06-29 17:43:00

6月29日のアート講座では、3人で3枚ずつ絵を描きました。その中から「今、わたしが登っている山」というテーマで描いた絵をご紹介します。

 

左の絵は、朝登り始め午後3時頃に登頂できるぐらいの、木々の生い茂った山です。木立の中を登っている間は山頂が見えず、山の外の景色も見えないけれど、この山を自分のペースで登って行けばちゃんと3時頃には山頂につけるという確信と、山に受け入れられているという安心感を感じさせてくれる絵です。

 

中央の絵は、岩山がどこまでも続き、ひたすら登っては下りを繰り返し、どこに山頂があるかもわからない山です。手元の岩をつかむことに必死で空を見上げることもないそうですが、空からこの山を見下ろしたらとても綺麗な山なのだろうと思いました。絵の色もとても美しいですよね。登っているご本人にとって山のもつ美しさは何のなぐさめにもならないのだと思いますが、そんな山を登り続ける命もまた美しいです。

 

右の絵は、森を抜けたあと超える3つの山です。土の山、低草の山、そびえ立つ岩山を野宿しながら超えて行きます。3つ目の山が難関に見えますが、森から離れるにつれ足どりが軽くなり、最後は天に近づいている感覚を持ちながら登っているかもしれません。

 

掲載の許可をありがとうございました。