お知らせ

2013-07-29 17:15:00

7月27日の講座での一枚です。「雪景色を描く、修正液で雪を積もらせる」という課題でした。描かれたのは「季節外れの雪」。

 

「まだ秋だというのに、ちらほらと雪が降り始めました。夕焼けに染まる空から、まさか雪が降ってくるとは。雪は水面に落ちると溶けるように消え、ボートのふちに落ちた雪だけがけうっすらと積もっていきます、、、。」

 

この絵を見てもう一人の参加者は「この場所がとっても懐かしい気がします」と言っていました。作者いわく、北欧かもしれないし、アイルランドかもしれないし、、、とのことですが、いつかこの場所の、この瞬間に出会う日がくるかもしれませんね。