お知らせ

2013-08-27 17:59:00

8月25日、久し振りに会う方がアート講座に来てくださり、開室のお祝いに「ポドカルプスナギ」という植物をくださいました。札に「癒しの木」と書かれていたのでこの部屋にと選んでくださったそうです。

 

ちょっと調べてみたら、この植物は熊野速玉神社のご神木でもあり、古くから神の憑代の木として祀られてきたとか。見た目には広い葉を持っていますが針葉樹で、縦の葉脈しかないため葉を横に割くことが難しく、葉は男女のむずびつきのお護りにされてきたそうです。

 

でもこの植物、とってもパワーが強いのか、いろいろなものを連れてきたのか、部屋に置くと「気の流れ」が変わってしまい(私の勝手な思い込みですが)、ただいま玄関の外で他の木々と交信させて浄化中です。癒しの木も、大変なのです。