お知らせ

2013-11-18 05:42:00

ラウル デュフィが描いた芝の競馬場の絵(水彩画)が好きな私は、11月17日快晴の日曜日、年賀状用の干支をデッサンしに府中競馬場へ行ってきました。入場料は200円。場内は全館だけでなく屋外観覧席も禁煙で、その意識の高さに拍手を送りたくなりました。

写真は第10レース。分かりにくいのですが、左手に土のコース(ダートコース)を駆け抜ける馬たちが写っています。

この日の第9レースは芝のコース。最後のコーナーを曲がり、緑の芝生の上にカラフルな騎手を乗せた馬たちが現れた時には、うわーキレイ、と感激しました。写真手前に写っている目の前の芝を馬たちが走り抜けていく姿は、大迫力です。

馬のデッサンは主にパドックでしましたが(レースの30分前に姿を現す)、馬の脚の関節の使い方が難しくて、デッサンには苦労しました、、、涙。